しえら、車で出迎えられる

ついに私にもできちゃいました。


車でお迎えに来てくれるお友達!!

昨日はこのYちゃんのお迎えで、
ブブーっと瀋陽しえら初、クラブへ行ってまいりました。

このYちゃん、実は私が大人気なくも会社をおっ飛び出した後、
急遽入社してくれた通訳の子なのですが、


日本語、激ウマです。 


英語、ネイティブ並みです。



そして、わかるとは思いますが、



超お金持ちです。 (本人はもちろん否定)

今、使ってない南向きの2LDKマンションを一部屋持ってるらしいので、
私が借りたいくらいです。



そんなYちゃんは、私の数少ない貴重なお友達。
彼女の何がいいって、礼儀正しいとか親切で優しいというのもありますが、



8年間日本で生活していたため、
全然中国に慣れてないのが見ていてすごく楽しい。




まず出勤2日目でぶち切れ。

記者会見の通訳に抜擢されたYちゃん、
会見5分前になってみんなが慌しく会場に入り、用意を始めるのを見て、


Y:「あり得ない!!なんなわけ、一体!???」  (←ぶち切れ)
私:「まぁ、まぁ、まぁ。」


通訳の途中で、
中国側がいろんな言い訳を言い始めると、



Y:「何言ってるのかわからないわよ!文の前後でロジックがおかしいじゃない!!」
私:「まぁ、まぁ、まぁ。」


と、日本語でぶち切れ。(中国側は、????となっている。)


車を運転すれば、



Y:「ちょっと、何なのよ、あっちからもこっちからも!少しは他人のこと考えなさいよ!!」
私:「まぁ、まぁ、まぁ。」



と、


私の心の声を美しい北京語でどなりちらしてくれる、
まるで天使のようなYちゃん。



そんなYちゃんがいつも言ってることは、


「・・・なんかね、帰ってきて1ヶ月で毎日あり得ないことばかりだけど、
ゆっくり慣れていこうって思うの・・・。」




けなげです、Yちゃん。
[PR]
by xiexie-girl | 2004-11-13 10:48 | 日記


<< いらいら この世はでっかいイントラネット >>